密教 大日如来

目に見えることだけしか信じないという少女に「では、神様も信じないのだね、神様も目に見えないでしょう」と問いかけたところ、少女はきっぱりと「神様がいなければ、私達も生きてはいないわ」と答えたという話がヤスパースの哲学入門(草薙 正夫訳)にでています。
むろんこの少女はごく普通の子供であり、特別な教育を受けているということではありません。
以前に誰からか聞いたということはあるかもしれませんが、とにかくこの時は自分の考えとして答えているのです。
そして、このような話は数多くあるそうです。
ヤスパースがここで言わんとしていることは、「人間が人間である限り、根源的に哲学するものである」ということですが、その証拠として、子供から発せられる「哲学すること」の根底に触れる事柄の多さに注目しているのです。
また、同様な傾向は精神病患者にもあるとして、その初期に、人を感動させるような形而上学的形而が生まれることがあるといいます。
「子供とばかは真実を語る」という諺が西洋にはあるようですが、よけいな知識に曇らされていない、純粋なこころに近いということでしょう。
そういう意味では、私もその資格があるかもしれません。


さて、私はヤスパースとは別の意味で、この少女の言葉に興味があるのでして、人間は本来的に神の概念があるのではないかということです。
論理によって導かれたのではなく、生まれながらにして元々ある、生来的なものではないかということです。
「人間の精神は生まれたときは白紙状態であり、経験と知識によって形づくられていく」という考え方がありますが、確かに一面的にはそのようにいえるでしょう。
しかし、少なくとも白紙状態という状態は生来的にあるわけで、人間の知識を超えた何者かの関与を否定することはできません。
あらゆる民族にも神、あるいはそれに類似した概念があることは承知の如くであり、子供にさえ説明を要しないほど明白な概念であるわけです。
神を否定する場合にも神という概念を前提にしているのであり、自分という存在を疑えないのと同程度に神の存在を疑い得ないのです。


人間の精神は意識の流れであり、一瞬といえども留まることありません。
その意識を生み出している我々の肉体も、同様に常に変化しています。
人間の肉体は自然の一部であり、自然無くして存在し得ないことは言うまでもありません。
そして、その自然もまた刻々として変化している現象であるわけです。
しかし、常に変化しているとは言え、全てが一体であり、変化している現象を総体として見れば、不動な一つ実体であるとも言えます。
いづれにしても、我々は現象は認識できるけれども、それを動かしている生命を捉えることは出来ません。
我々の意識に上ってくるのは、常にその現象であって、そのものではないのです。
そのものこそ、正しく神であるわけです。
ですから、神は自然の本質であり、我々の本質でもあるわけです。


というわけで、話を本題の密教の方に戻しますが、密教ではこの神を大日如来といいます。
もちろん、ここで言っている神と大日如来は違うでしょうが、当たらずとも遠からずといったところでしょう。
密教では大日如来ですが、華厳経では毘盧遮那仏といいます。
密教は華厳経から発展したと言われていますので、毘盧遮那仏が元になっているのでしょう。
ただ、毘盧遮那仏は沈黙して、何もしゃべらないのに対して、大日如来は自らが説教するそうです。
毘盧遮那仏といえば奈良東大寺の大仏が有名ですが、確かに大宇宙を統べている仏にふさわしい像ではあります。


さて、密教がそれまでの仏教になかったものを提示したということですが、その一つはやはり大日如来ということでしょうか。
しゃべる大日如来ということです。
それまでの大乗経典では釈迦が説法していたのですが、密教経典では大日如来が直接説法しているわけです。
大乗経典は釈迦の教説という形式にはなっていますが、実は創作であって、歴史上の釈迦が説いたものではありません。
経典の作者は釈迦の真意はこれであると、自信もって書いているのです。
その自信はどこからくるのでしょうか。
やはり真理であるとの確信からでしょう。
西洋でも似たような話がありまして、たとえばプロティノスはネオプラトニズムの創始者として知られていますが、「プロティノス自身には独自な説を唱えたという意識はなく、プラトンの正しい解釈と考えていた」(ウィキペディア プロティノス)ということですから、こういうことはあり得るのではないでしょうか。
ですから、大乗仏教まではあくまで釈迦の教説という立場から書かれているのですが、では密教はどうでしょう。
密教は明らかに釈迦の教えから離脱しています。
すでに仏教ではないのです。


というわけで、また次回。


スポンサーサイト

密教 空

今回は前回の続きを書くつもりでいたのですが、何にやかやといそがしく、まだ手をつけていません。
あまり間をおくと前回書いたことも忘れてしまいますので、そろそろ書こうかと思っていたところ、みゅうさんから「空について」のコメントがありましたので、とりあえず空について書いて、お茶を濁そうかと思います。
空といえば般若心経の「色即是空」を思い浮かべますが、実は空海も般若心経の解説書を書いています。
もちろん密教の立場から見ているわけですが、しかし般若心経は密教が成立する以前に書かれたものですので、直接関係しているわけではありません。
空海によると般若心経は全ての仏教を総括した教えであり、しかも密教経典であるといいます。
確かに般若心経の末尾は呪文によって締め括られています。
空海はこの呪文の部分が最も重要であり、これこそ真言陀羅尼であると言います。
空海の書いた書は「般若心経秘鍵」ですが、これは空海の最晩年、入定の前年に書かれたものだそうです。
空海はこの書をもって自らの思想を総括したのかもしれません。


さて、般若心経に仏教の全ての教えが入っているということですが、たとえば「色即是空」の部分は事と理は同一だとする華厳宗の事事無礙法界の法界縁起を指している(空海「般若心経秘鍵」加藤精一編)といいます。
同様に、経文の各部分を声聞、縁覚、法相、三論、天台、華厳、真言密教のすべてに当てはめています。
要するに、この経は仏教の心髄の全てを網羅しており、最後の真言をとなえることによって必ず成仏するということです。


現代人からみれば「何を馬鹿な」と思うかもしれません。
このような考え方は仏教の素養がなければ到底理解できないでしょう。
現代の常識からは、かなりかけ離れているようにも思えます。
しかし、もし現代人の常識が間違っているとしたらどうでしょう。


実は「空」とは我々の常識を打ち破るための言葉です。
我々は固定概念によって縛られています。
それ打ち砕くのが空です。
固定概念を破壊した後に残るのは一体何でしょう。
それが真実の世界です。


というわけで、また次回。


プロフィール

magokorokara

Author:magokorokara
私は学者でも、宗教家でもなく普通の社会人ですが、人生問題に悩んでいた若い頃読んだ本を長い年月というフィルターを通してみて、あらためて考えたことを整理しながら書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR