人生の不思議

プラトンもアリストテレスも哲学的な問いへの動機を「驚き」だとしています。
普段私達は何気なく日々暮らしていますが、一歩立ち止まって、
改めて世界を見渡せば、なんと不思議なことばかり、と気づくことだといいます。

確かに、普段あたりまえと思っている事でも、
いざ問い直すとなると答えに窮する事はたくさんあります。

たとえば、世界が存在していること自体の不思議さ。
なぜ世界は現にあるような形で存在しているのか。
世界に初めや終りがあるのだろうか。
そもそも、こんなことを考えている自分とはいったい何なのか。
自分は何処から来て何処へ行くのか。
世界の存在、自分の存在、そしてその意味、
数え上げたらきりがないほど不思議なことばかりです。
この不思議なことの発見に驚くことが、哲学的な問いの動機ということだそうです。

でも、普通の人はこういった疑問が生じても、
それに関わったりすることはまずありません。
そんなこと考えていたら、日々の生活が滞ってしまうからです。
それに、考えてみたところで、ろくな答えしか出てこないのを知っているからでしょう。

では、専門家である哲学者はどうかといえば、
これも似たりよったりで、同じ疑問を難しい言葉に置き換えているにすぎません。
まともな答えを出した人など誰もいないのです。

ですから、現に在るものは在る、として受け入れる以外に道はないでしょう。
私は日本人で、男で、誰それの子で、この時代に生まれて、等々
自分で決めた訳ではなく、気が付いたらそういうことになっていたという訳です。

なぜ、と問うたところで答えがないのは分かりきっています。
そうだからそうだ、としか言いようがありません。

普段は生活に追われて、そんなことを考えている余裕すらないのですが、
人生は順調な時ばかりではありません。
仕事にいきづまったり、恋愛に失敗したり、病気やけがや災難にあったりしたときに、
ふと、私は何のために生きているのか、と疑問に思うことがあります。

また、逆に何らかの目的が達成して一段落したときなどに、一種の空虚感におそわれることもあります。
そしてあらためて、人生とは何かを問う場面に出会います。

いづれにしても、自分で解決する以外にないのですが、先人の教えに耳を傾けたり、
尊敬する人の生き方に学ぶというようなことも必要になってくるかもしれません。

そして、それがこの日記のテーマということになります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

人生の意味・・・

カミュが言っていたように思うのですが(わたしの記憶違いならすみません)、
「この人生と言うのが、生きるに値する価値があるのか?ないのか?」
これが一番の問題なような気がします。

幸せで楽しければそれで価値があるのかもしれませんが、、、


ネットで検索していたら、偶然このブログの存在を知りました。これからも、更新楽しみにしてます。私もブログをやっているのでよろしかったら時々コメント、ご意見いただければ幸いです。

Re: 人生の意味・・・

コメントありがとう。
カミュの著作は読んだことがないので何とも言えませんが、確かにその通りですね。
ブログも拝見したいと思います。
私は64になる現在も現役で働いているので、なかなか更新も出来ませんが、まあゆっくりとやるつもりです。
おたがいにがんばりましょう。
プロフィール

magokorokara

Author:magokorokara
私は学者でも、宗教家でもなく普通の社会人ですが、人生問題に悩んでいた若い頃読んだ本を長い年月というフィルターを通してみて、あらためて考えたことを整理しながら書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR