性と食

人生には不可解なことが多いですが、その中でもこれほど不可解なことがあるでしょうか。
はずかしいだけならまだしも、卑猥、わいせつ、淫行、とまで言われる行為がなんと人間が誕生する原点とは。
人生がすばらしく、祝福されるべきならば、なぜその出発点となる行為が卑しいのでしょうか。
その行為なくして、絶対に人間は誕生しえないはずです。
もし、誕生の原点が卑しいのであれば、それに続く人生もまた当然卑しいものとならざるを得ないでしょう。
はたして、人生そのもが、生きるに値しない軽蔑すべきものなのでしょうか。

さて、この重大問題に対して考えられる道は二つです。
卑しいと思うのが間違っているのか、それとも人生はすばらしいものではなく、むしろ嫌悪すべきなのかです。

確かに、この行為は、どうひいき目で見ても、美しい行為とは言い難く、まして尊厳に満ちているとはとても言えません。
実際に夢中になって行っている当人同士はいざしらず、はたから見たら不快に感ずるでしょう。
もちろん、人前でする行為ではありませんが。

ところで、性と食は人間の欲望としての双璧をなしています。
では、一方の食欲の方はどうでしょう。
食事している姿は美しいとは言えませんが、他人から見ても別に不快感を感ずるほどではありません。
しかし、特に立派な行為とも言えません。
ただ、自分の空腹に耐え、他人に食物を与えるならば、その行為は称賛に値するでしょうけれど。

さて、話は飛びますが、性欲と食欲のどちらがより強力でしょうか。
もちろん、年代や空腹の度合いによって違うでしょう。
こうした研究結果はあまりないようですので、自分で試してみる以外にないかもしれません。
が、当然、性欲の方に軍配が上がるものと思われます。
なぜなら、時として、日頃の高邁な理性を狂わせ、夜も眠られないほどの衝動が他にあろうはずがないからです。

と、ここまで考えを進めたところで、思い当たるふしがあります。
性欲があまりにも強いために制御するのは困難であるということ。
家族のつながりや、友人との信頼関係を破壊したり、また人間社会のルールや、道徳まで無視するほどの衝動をはらんでいるということ。
いわば、人間社会にとって危険極まりない欲望であるということです。
こうした欲望は当然ながら、警戒しなければなりません。

そのような訳で、性欲に対して、一種の偏見が生じたのではないでしょうか。
普段、温厚な人でさえ、獣に変えてしまうほどの欲情を、忌み嫌うのは当然の成り行きです。
ですから、性欲そのものの罪ではなく、それがあまりにも強力であるがゆえの誤解に基づく感情といえるのかもしれません。

とすると、冒頭に掲げた疑問は、我々の偏見ということで、疑問は氷解したと見てよいのでしょうか。
残念ながら、そうではなさそうです。
確かに、それも一因ではあるでしょうが、それだけではなさそうです。
もっと深い何かがあるような気がします。
次回にそれを見ていきたいと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

magokorokara

Author:magokorokara
私は学者でも、宗教家でもなく普通の社会人ですが、人生問題に悩んでいた若い頃読んだ本を長い年月というフィルターを通してみて、あらためて考えたことを整理しながら書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR