トルストイの人生論を考える

トルストイの人生論に関心を持つ人は少なくないとみえて、私の書いた「宗教家としてのトルストイ」までついでに見てくれる人もいるようです。
前にも書きましたが、私がトルストイの人生論を読んだのは二十歳前後の頃でした。
トルストイは五十歳を過ぎてから人生の根本的な矛盾に気づき、その恐怖に襲われるわけですが、私はすでに二十歳前後で同じ問題で悩んでいたのです。
私もトルストイと同様に、自分がおかしくなったのではないかという不安にかられました。
トルストイの人生論を読んで、私の疑問が正当なものであると知って安心したのです。
しかし、安心はしたものの、問題が解決したわけではありません。
人生論はその後も繰り返し読んではいましたが、疑問が全て解消されるところまではいきませんでした。
当時はまだ若かったので、トルストイのいう「動物的自我の理性の従属」とか「自分より他人を愛する者には死の恐怖心は無い」などという考えにはついていけない面もあったのです。
それに、肝心の死の問題がはっきり理解できませんでした。
死は迷信であり、存在しないといっても、それがなぜなのかが分かりませんでした。

今から考えれば、分からないのは当然だったかもしれません。
トルストイがこれを書いたのは五十八歳の時でした。
私は現在、その歳をはるかに越えていますが、いまだにこの問題の決着がついていません。
それほどこの問題の根は深く、容易に脱出することは出来ないのです。

では、人生の根本的矛盾とは何なんでしょうか、トルストイや私だけが抱えている問題などではなく、人間全てに関わる大問題のはずです。
誰でも死の恐怖心はあるでしょうし、何らかの悩みを持っていない人はいないでしょう。
人生は苦悩の連続であり、わずかな希望にしがみついて生きてみたところで、最後はみじめな死によって幕が閉じるのは分かりきったことです。
なぜ自分がこのような不合理な状態に置かれているのか、その解答を求めるのは当然のことです。

トルストイは人生論において、これらの全ての問題に答えているわけではありません。
古くから言われている道徳の再確認とその重要性を強調することが主なテーマとなっています。
なぜ、このような道徳律があるのか、なぜ世界が存在するのか、私とはそも何なのか、神は存在するのか、といった疑問にはあまりふれていません。
この書は、トルストイが自ら体験した人生問題の悩みと、その克服にいたる過程の論述ですが、人に説いて聞かせるというよりも、自分に言い聞かせているような節が見受けられます。
その考えの基本はキリストの教えで、カントやパスカル、あるいはショウペンハウエルなどの考えが参考になっているようです。

さて、この書でトルストイが言わんとしていることは次の二点です。
「動物的自我の理性の従属」と「他人を愛する者には死の恐怖心は無い」ということです。
この考えは確かに正しいし、真理であると思います。
人はこれを実践することによって、生死の悩みから脱却出来るかもしれません。
「動物的自我の理性の従属」とはトルストイ独特の表現ですが、人間の動物としての本能や欲望を、理性によって抑制するといった意味合いでしょう。
しかし、これは人間であれば誰しも、程度の差はあるもののやっていることです。
現代社会は本能のままに生きていけるほど甘くはありません。
トルストイのような上流階級ならいざ知らず、一般の人たちは自分の生活を維持するのがやっとであり、そのために日々耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで働いているのであり、「動物的自我の理性の従属」などと言われなくても、充分に抑制されているのです。

次に「自分より他人を愛する者には死の恐怖心は無い」とは確かにその通りですが、では現実に自分より他人を愛することが出来るでしょうか。
他人とは自分以外の全ての人でなければなりません。
特定の人であるならば、自分を愛しているのと大して変わらないからからです。
猫の首に鈴をつける話(イソップ物語)ではないですが、すばらしい考えではあるが、実行困難であると言わざるを得ないでしょう。
私自身にあてはめて考えても、かなり難しいことです。
もちろんその場になってみなければ分かりませんが、義務とか強要してすべきことではなく、あくまで自発的な行為として顕われなければならないでしょう。
さらに言えば、「自分より他人を愛する者には死の恐怖心は無い」という考えには、死の恐怖心を無くしたければ、他人を愛せよということになり、自分の安心のために他人を愛するという、結局は自愛に基ずいているということになります。

と、こんなことを言ってるから、私はいまだに迷いから抜け出せないでいるのですが。
しかし現実に、自己犠牲によって他人の命を救ったという話は耳にします。
そういう人たちは、他人を愛せよと百万遍唱えるよりは、間違いなく神に近いでしょう。

さて、若い頃人生論を読んで、死の問題に関する部分が解りにくかったのですが、今回この項を書くにあたって、何十年かぶりに読み返してみたところ、やはり分かりづらいという印象です。
トルストイはこの段階ではまだ思考過程にあり、問題をよく整理しているとは言い難い面もあります。

キリストは「私を信じる者には死はない」と言いましたが、しかしこの言葉を真に理解するのは簡単ではありません。
人間は死によって、その肉体は分解してしまい、その肉体によって生じていた意識も消滅してしまいます。
死がないという以上、何かが残らなければなりません。

トルストイもこの点では苦労しているとみえて、話が行きつ戻りつしたあげく、妙なことを言い出します。
まず、「個々の存在の世界への特定の関係を滅ぼすことは出来ない」といいます。
言葉だけ聞いたのでは何のことか分かりませんが、その説明を聞くとさらに分からなくなります。
「肉体や意識は死と共に消滅してしまうが、個々の存在の世界への特定の関係を滅ぼすことは出来ない」ということらしいのですが、では世界への特定の関係とは何かと言えば、「個々の好き嫌いの主体である」といいます。
そして、「この好き嫌いの主体である我こそは、時間の外にあって死とは無関係である」としています。
「好き嫌いの主体である我」というのはおかしな表現ですが、おそらく自分の中に在る絶対者としての自分、もしくは絶対的なものとつながっている自分の心のことではないかと思います。

次に死によって消滅しないものとして、人々に残る記憶をあげています。
確かにキリストやトルストイは人々に記憶を残すでしょうが、私などは一年もたたない内に忘れ去られるでしょう。

さて、私がここで挙げた問題はいづれもささいなことで、大筋からいえば正論であることには変わりません。
ただ私は、まだ当分迷いから抜け出せそうにありませんが。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

その矛盾に縛られて自殺しようとは思わなかったのですか?

Re: タイトルなし

> その矛盾に縛られて自殺しようとは思わなかったのですか?

結論から言えば、私は自殺を考えたことは一度もありません。
私が求めているのは、人生問題の解決であって、自殺ではありません。
試験の問題が解けないからといって、解答用紙をやぶいてしまうようなもので、真の解決にはなりません。
自殺は一種の病気のようなもので、それを止めるのが筋でしょう。
そして、その解決の道は必ずあると確信しています。
プロフィール

magokorokara

Author:magokorokara
私は学者でも、宗教家でもなく普通の社会人ですが、人生問題に悩んでいた若い頃読んだ本を長い年月というフィルターを通してみて、あらためて考えたことを整理しながら書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR