仏教の空とは(2)

仏教の根本的な考え方の一つに「空」がありますが、これを真に理解している人は少ないのではないでしょうか。
「空」を完全に理解した人は、当然、仏教を全て理解した人であり、従って、解脱した人であるはずです。
「空」とは「縁起」のことであり、「縁起」とは釈尊の教えそのものであり、仏教の核心に当たる概念です。

「空」や「縁起」という言葉の意味を解説した書籍は多数ありますが、なかなか的を射たものは少ないようです。
真に「空」を語れる人は、悟りに至った人でなければならないでしょう。
自分で見た事も無いものをいうのは「講釈師、見てきたような嘘をいう」のと変わらないからです。
と、いう私はどうかといえば、むろん、私も講釈師、それも素人講釈師といったところですが。

さて、日本で仏教の代表的な講釈師、いや失礼、研究家として知られている中村元先生の著書「龍樹」が今、手元にありますので、これを参考にして考えてみたいと思います。
この書によると、「空」と「縁起」さらに「中道」は同じ意味であるとしています。
一般的に「空」とは否定概念であり、虚無主義と受け取られがちですが、「縁起」さらに「中道」と同じ意味であるならば、まったく違うことになります。

「空」はまた、「無我」「諸法実相」とも同じであるということです。
ということは、なんのことはない、仏教の代表的な概念はすべて「空」に集約されている訳です。
「空」を知ることが仏教を知ることであり、人生の根本問題を解決することです。
なぜかといえば、「空」は人類が到達した最高の教えではないかと思うからです。
キリストやソクラテス、カント、それに孔子や老子などの教えも真理であることは間違いありませんが、その深さの点では仏教に及ぶものはないでしょう。
しかしながら仏教は、皮肉にも、その深さのゆえに、衰退してしまうことになります。
一般民衆が理解出来ないからです。

さて、現代は、あらゆる面でいきづまりを感じています。
文明の進歩が必ずしも、人間の幸福に結びつかないことが分かってきたからです。
現代文明を支えてきたのは、いわゆる科学的なものの見方です。
科学的な見方、あるいは態度こそは、迷信や誤謬を正し、真実の世界を明らかにする唯一の方法であると信じて疑わなかったわけですが、ここにきてその自信がゆらぎ始めています。
そもそも科学的な世界観には根本的に欠陥があります。
カントの純粋理性批判を持ち出すまでもなく、空間と時間で世界を捉えることは不可能なのです。
どちらも無限無窮になるからです。
無限ということは、分からないと同義語です。

というわけで、現代人も今までの科学一辺倒の考え方を見直す方向に行きつつあります。
とは言っても、今まで宗教など見向きもしなかった人が、今更、神や仏を信じろと言われても、そう簡単ではありません。
今まで慣れ親しんでいた科学に対する信頼感を否定して、新たなものを受け入れるには、我々の理性を納得させるだけの、それ相応の論理がなければならないでしょう。
いわば、現代人はよけいな知識を詰め込んだ重病人といえるかもしれません。
浄土宗の開祖である法然上人は、無学で知識もない、卑しい人の往生については間違いなしと言っていましたが、学問があり、理屈をこねる、賢人ぶった人の往生については、これを心配したといいます。

現代人はものごころのつく頃から、良きにつけ悪しきにつけ、科学的な考え方を教え込まれます。
現代では科学的知識を無視しては、生きていくことさえ困難になっているからです。
もちろん、科学自体は人間にとって有用であることは間違いありません。
ただ、科学はあくまで、技術、道具にすぎず、人生の根幹に関わる心の問題に口を出してはならないのです。
科学は人間にとって、薬にもなりますが、毒にもなることを忘れてはならないでしょう。

さて、話がだいぶそれましたが、「空」についてはまた次回にします。
なお、私の記事に拍手をしていただきありがとうございます。
私の書いたものが、どのように受け止められているのか、実は気になるところで、大変はげみになります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

magokorokara

Author:magokorokara
私は学者でも、宗教家でもなく普通の社会人ですが、人生問題に悩んでいた若い頃読んだ本を長い年月というフィルターを通してみて、あらためて考えたことを整理しながら書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR