人生について

人生不可解とは、確かにその通りではありますが、だからこそ幸いであるともいえます。
人生の究極は神秘に包まれており、我々の認識を超えています。
だからこそ、我々の世界は永遠であり、尽きることのない泉のようでありえるのです。
我々の認識とは所詮、固定概念にすぎません。
世界を一面的に捉えた写真のようなものかもしれません。
真実の世界を我々の概念で捉えることが出来ないのは当然といえるでしょう。
しかし、我々は自由に物事を考えることができます。
世界の捉え方も自由です。
我々は自由に物語を作ることができます。
人それぞれ自分に合った物語を作ればよいのです。

我々の思考自体は空虚な妄想などではあり得ません。
我々は思考によって、人生の指針を立て、善悪を判断し、より良く生きるために日々の行動を決定しています。
我々にとって思考、あるいは意識が全てであり、もし我々の意識の外に真理があるとしても、それは我々に関係ない話です。
あくまで我々の意識の内での問題なのです。
なぜなら、迷っているのも我々の意識であり、答えを求めているのも我々の意識だからです。

我々は絶対なるものを認識できません。
なぜなら、我々の認識は相対的だからです。
ですから、その答えも相対的なものにならざるをえません。
神、仏、道などの概念は絶対的なものを相対的な言葉で言い表しているのです。

真理そのものは、我々の迷いや悩みを断ち切ってはくれません。
迷いや悩みを断ち切るのは、あくまで相対的な言葉によるのです。
前回でも取り上げた一遍上人の「別の火をもって木を焼けば、たちまち焼ける」とはこのことを指しているのだと思います。

浄土宗の教えがほとんど物語であることは周知のごとくです。
しかし、宗教が論理的でないと言って、非難するのは見当違いです。
人間の論理こそ迷妄の元凶なのです。
適切な表現ではないかもしれませんが、「毒をもって毒を制す」という諺のように、迷いという毒を相対的な言葉という毒で制するのです。

さて、現在考えていることを、雑然と書き並べてみましたが、私自身まだ迷いの中をさまよっているようです。
哲学的な論理が、現実の極限状態においていかに無力であるかは、言うまでもないでしょう。
おそらく仏教の無記(形而上学的な問題について判断を示さず沈黙を守ること)という態度が正解なのかもしれません。
人生に論理的決着などありえず、ただ「正しく生きよ」と。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

不愉快に感じるかと思いますが、率直な感想を述べさせていただくと、今回のブログの内容は何か非論理的と言うか、あまり納得できませんでした(とくに人生が不可解だからこそ幸せだと言うのは、、、幸せなどなく苦しんでいて、それで生きる意味を求めながら生きている人に対して酷なような気が・・・)。

ただ、最後の一文「人生に論理的決着などありえず、ただ「正しく生きよ」と。」というのは、私も本当にその通りだと思います!

Re: タイトルなし

たしかに、今回の記事は内容が一貫しているとはいえません。
その時々に思ったことを単に羅列したにすぎません。
「人生が不可解だからこそ幸せである」というのは一見逆説的ですが、で
は逆に、すべてが明らかになった場合はどうでしょう。
人間の認識に捉えられた世界、即ち有限な世界であり、静止した世界、生
命の無い世界ということになります。
この辺りの話はかなり難しく、仏教の核心部分であり、空の部分でもあり
ます。
私自身もまだ確信を得ている訳ではありません。

お返事ありがとうございます!


苦難多き人生を生きている人が、なぜ苦しいのを耐えながら生き続けなければいけないのかと感じ、苦しい人生を何とか耐えて生きていく意義を追求することは自然な流れで、もし、その人が人生の意義を悟り、人生の目的達成のために苦難を乗り越えることも厭わなく感じることができ、幸せを感じつつ生きていけると思われます。

人生の謎が明らかになった時、人は不幸になりますでしょうか?(人生に意味はないということが真実なら不幸になるかもしれませんし、あるいは、きれいさっぱり諦めて、潔く、自殺することができるかもしれませんが・・・)

しかし、とにかく、人の知性で論理で考えることなど、限界があり、とても、世界の真理・人生の意味などを知るなどできそうにありませんが、それでも、諦めずに考え追究しようとすることは悪いことではないと思います・・・

(哲学者ヴィトゲンシュタインは、語りえぬものについては沈黙しなければいけないと言ってましたが、後年、その考えを変えていますし・・・)



それから、「正しく生きよ」ということは私もその通りだとは思うのですが、何が「正しい」のかがわからないのが一番の問題です。

人間生きているだけで他者に迷惑をかけているものですし、殺生をして他の生物(植物でも動物でも)の命を取らなければ生きていけないのが現実です。



それにしても、ほんと、難しいです・・・

コメント投稿できなくて・・・

なぜか、コメントできない・・・(これも投稿できるかどうか・・・短い文章ならできるかな・・・)
ブログ更新楽しみにしてます・・・

科学と哲学の無力はわかりますが、それでも宗教よりは百倍マシだと思います。不可知論で済ませるところはわざわざ胡散臭い宗教を要請しなくてもいい気がする。それとも人知以外の何か又は特定の思想や個人を集団で崇拝し救世主気取って優越感に浸ることしか心の安らぎを得られないでしょうか。宗教以外の内容は全同意です。

Re: タイトルなし

コメントはありがたいのですが、名前を入れてくれると助かります。
複数の投稿がある場合、だれが言っているのか分からないので。
もちろん、名前は何であろうとかまいません。
さて、不可知論で済ませればよいではないかという意見ですが、前述の名前のように不可知な部分に名前を入れると一般の人にも分かりやすいのではないでしょうか。
また、胡散臭い宗教があるのも事実です。

Re: タイトルなし

うーたんさんの5月15日付コメントが自動的に振り分けられていました。
気がつきませんで失礼しました。
プロフィール

magokorokara

Author:magokorokara
私は学者でも、宗教家でもなく普通の社会人ですが、人生問題に悩んでいた若い頃読んだ本を長い年月というフィルターを通してみて、あらためて考えたことを整理しながら書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR