生きる意味について

人生論である以上、生きる意味について考えない訳にはいきません。
ともすれば、人生論とは名ばかりで、人生の根本問題から逃げて、身近な話題に終始している向きが多いように思います。
あるいは、他人の意見ばかり紹介して、自分の考えというものを持っているのかさえ疑わしいのもあります。
もちろん、私の場合も無きにしも非ずですが。

また、人生論と銘打つからには、単に問題を提起するだけではなく、その解決まで視野に入れて考えるのはいうまでもありません。
過去の偉大な思想家たちは、皆自分の考えに信念をもっていました。
単なる理論や仮説ではなく、それはそのままその人の信念でもあったのです。
なぜなら、自分の意見の表明に際して、彼らは自らの生命の危険すら顧みていないからです。
またそうであるからこそ、人はその人の意見に共鳴するのです。

俗に、「言葉は何とでも言える」というのがありますが、正にそのとおりで、単に理屈を捏ね回したり、言葉をもてあそんだり、心にも無いことを言うのは簡単です。
哲学に於いても、それは全く無いとはいえません。
いわゆる詭弁とか、議論のための議論、相手を打ち負かすためだけの理論といったものはすでにギリシャ哲学の時代からありました。

ところで、人は哲学や人生論に何を期待しているのかといえば、それは、人間の生きる意味や生き方についてであり、如何に生きたら幸福になれるか、また充実した人生を送ることが出来るかということです。

人生が順風満帆なときは、「人は何のために生きているのか」などとは考えたりしませんが、人生に挫折したり、不幸に見舞われたり、あるいは単調な毎日に嫌気がさしたりしたときなどに「自分は何のために生きているのか」という疑問がでてきます。
そして、その解決を求めて、哲学書や人生論の本などを読み始めます。
しかし、読んでは見たものの、小難しい概念や理屈が出てくるだけで、まともな解答が得られることは、まずありません。

確かに哲学で採り上げている問題と、我々が抱えている悩みとは、すれ違っていることがあります。
そもそも哲学とは、世界の根本原理を探究する学ということで、必ずしも人生の悩みの解決を目指している訳ではありません。

ただし、ソクラテスのように自然を探究する学を否定し、もっぱら対象を人間に置いて、その魂をよりよくすることを目標にしている人もいます。
自然を探究したり、世界の根本原理を学として探究すること自体は悪いことではありませんが、我々が人間である以上やはり人間の心の問題を優先にするべきでしょう。
ソクラテスが史上最高の賢者といわれるゆえんもその辺りにあるのかもしれません。

現代科学は正にソクラテスが否定した自然を探究する学そのものであり、しかもかつてないほど徹底的におこなわれています。
はたして、現代人は生きる意味を見失い、迷妄の暗闇の中で右往左往しているのが実状です。

ところで、私の考えでは、人生の根本問題は実はそれほど複雑ではなく、ただ二通りの考え方があるだけです。
即ち、科学的な見方と宗教的な見方です。
あるいは、物質に重点をおくか、心に重点をおくか、
または、人間の動物的本能を優先するか、善意志を優先するかです。

そして、その決着もすでについているのです。少なくとも私のなかでは。
それは後者です。
ただ、宗教といっても特定の宗教を指している訳ではありませんし、宗教でなくともかまいません。
要は心の問題を解決していればよいのです。
プラトンやソクラテスあるいはカント、さらに中国では孔子や老子といった人たちの教えは宗教とは言いませんが、人間の生き方を追求しているという意味で、宗教の教えに近いのは確かです。

さて、問題は宗教は必要なことが分かっても、信じられないことです。
現代人は科学的な教育の中で育って来たために、容易に信じることができません。
科学的な見地からは、どこをどうさがしても宗教など出てこないのです。
神や仏など、目に見えない、姿形のないものを信じるということは、実証主義的な立場からは到底受け入れることは出来ないでしょう。

しかも宗教には色々な尾ひれがついています。
長い歴史のなかで、その本来の教えが曲解されることもありえます。
また、宗教が権力と結びつくことによって色々な弊害も出て来ます。

宗教にはこうした様々な問題点があります。
これらの問題をいかに克服して、現代人に受け入れられる思想体系をつくり上げられるかがこれからの課題になります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

magokorokara

Author:magokorokara
私は学者でも、宗教家でもなく普通の社会人ですが、人生問題に悩んでいた若い頃読んだ本を長い年月というフィルターを通してみて、あらためて考えたことを整理しながら書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR