生死の超克

前回も書いた通り、私の人生論の主題は「生死の超克」です。
「もし死がなかったら哲学は生まれなかっただろう」とショウペンハウエルも言っていますが、正に死こそは人生最大の謎です。
死という現実の前にはそれまでの人生観が一変することもありえます。
この世界には多くの謎があります。
「時間に始まりがあるのだろうか」
「宇宙の果てに何が在るのだろう」
「生命は何時誕生したのだろう」
「そもそも世界は何故存在しているのか」
等々、探せばいくらでもあるでしょう。
しかしこれらの問題は確かに謎ではありますが、それが解けないからといって普段の生活に支障をきたすようなことはありません。
これらは知的好奇心の範囲内だからです。
ところが死だけはそうはいきません。
死の問題に取りつかれると、生活が停止するどころか、破滅さえしかねないのです。
人間の根幹に関わる問題だからです。
知的好奇心の範囲内の問題であれば科学に問うても差しつかえないでしょう。
まともな解答を得られないにしても、それほど害にはならないでしょうから。
しかし、死の問題を科学に求めるのはよした方がいいでしょう。
まともな解答を得られないだけではなく、迷いをさらに深刻にするからです。
科学は人間が生きるための道具にすぎず、生きる意味まで教えてくれません。
たとえば、どんなに高性能の車でも目的地までは教えてくれないのと同様です。
当たり前のことですが、目的地を決めるのは自分です。
科学的な見方とは物事を客観的に把握することであり、そしてその立脚地は唯物論です。
一方、死の問題は心の問題、すなわち内面的、主観的な領域の話となります。
したがって個人の内面の問題ですから、個人によって考え方に違いがあり、必ずしも同じ結論に達するとは限りません。
科学が扱わないのは当然でしょう。


さて、唯物論の話が出たついでに唯物論と唯心論について考えてみます。
唯物論とは心(精神)などの根底には物質があると考え、それを重視する考え方であり、唯心論とは 心が究極的な真実在であるとする存在論や世界観上の立場である(認識論上では観念論と呼ぶ)ということです 。
世界が物質から成っているという考えは、ごく自然な考え方であり間違っているとは思えません。
我々の心でさえ、脳の働きで説明できます。
科学はもちろん、一般の人でもこのような考えは支持するでしょう。
一方、世界はすべて心の働きであるとする考え方は、どう見ても不自然です。
現実のこのリアルな世界がすべて私の心が作り出したとはとても思えません。
ではなぜこんな考え方が出てきたのでしょう。
私は唯心論が出てきた背景には「生死の超克」があると思っています。
唯心論を唱えた代表的な人はプラトン、プロティノス、アウグスティヌス、ライプニッツ、ショウペンハウエル、それにキリスト教などですが、いづれも人間の生死を見つめてきた人たちです。
また仏教にも唯心論とはちょっと違いますが、唯識論があります。
人生の矛盾を乗り越えようとするならば、どうしても人間の心に焦点を当てざるをえないのでしょう。
それに論理的に見てもあながち荒唐無稽とはいえません。
唯心論ということは、ただ心のみが在るということですが、確かに、認識する人がいなければ世界は存在しません。
たとえば人類が全て死に絶えたとしたら、それでも世界は存在しているでしょうか。
存在しているとしても、いったい誰がそれを確認するのでしょう。
もっと身近な例で言えば、我々は毎晩眠りに就きますが、もちろん寝ている間は意識はありません。
寝ている間は世界は存在していないのです。
かわりに夢を観ますが、その夢が現実世界ということになります。
目覚めて始めて夢だと気づきますが、そのまま目覚めないこともありえますので、そのときは夢のまま終わることになります。
また、人は何れ死を迎えますが、自分の死と共に世界が消滅すると考える人はあまりいないでしょう。
消滅するならば生命保険などはいらないわけですから。
ただし自分の死後も世界は確実に存在しているとは断言できません。
確認しようとしても、確認しようとする本人が存在していないのですから。
ただ生存中に多くの人の死を観ていますので、自分の死も他の人と同様であろうと類推しているわけです。
しかし自分の死と他の人の死は全く同じではありません。
他の人が死んでも世界は存続しているのですが、自分の死は自分にとって世界の終りを意味します。
しかも死自体がいかなるものかもはっきりしないのです。
他人の死は観察できますが、自分の死は視ることができません。
視ようとしても自分はいないのですから。


さて、目を転じて宇宙に向けますと、さらなる不可解にそうぐうします。
現代科学では宇宙の始まりはビックバンであるとしていますが、ではその前には何が在ったのでしょうか。
ビックバンによって時間と空間ができたとするならば、その前は時間も空間もない、すなわち無ということになります。
無から突如として宇宙が始まったわけです。
また、ビックバンによって宇宙ができたとするならば、ではその外側には何が在るのでしょうか。
これも当然無ということになるでしょう。
なんのことはない、我々が認識できないもの、思考の及ばないものはすべて無なのです。
であるならば、世界とは我々が認識できる範囲内の事象ということになり、「世界は我が表象である」と言ったショウペンハウエルの言葉そのものということになります。


というわけで唯物論も唯心論もそれぞれもっともな話ですが、かと言ってどちらが正しいとも言えません。
どちらも正しいし、どちらも間違いでもあるわけです。
同じものを見ていても、見る方向によって、あるいは焦点の当て方によって違ったものに見えます。
主観の無い客観はありえず、客観の無い主観もありえません。
もしあるとしても、どちらに力点を置くかの違いだけです。
唯物論も唯心論もそれぞれ相互に依存し合った議論といえるでしょう。
ちなみに仏教の唯識論では、その識(心の作用)も仮のものであるとして最終的に否定します。


つづく



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

更新ありがとうございます!

先月からの久しぶりの更新、嬉しく思いながら読んでます。色々参考になります。ありがとうございます。

死がなければ哲学は誕生しなかっただろうというショーペンハウエルの言葉、初めて知りました。

これからもブログ楽しみにしてます
プロフィール

magokorokara

Author:magokorokara
私は学者でも、宗教家でもなく普通の社会人ですが、人生問題に悩んでいた若い頃読んだ本を長い年月というフィルターを通してみて、あらためて考えたことを整理しながら書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR